伝神-近距離無線呼び鈴タイマー駆動回転灯システムの利用例

耳の不自由な方に。 玄関のチャイムを押すと室内の離れた場所で回転灯を回して来客を報せます。


ワイヤレス方式。住宅では回転灯は室内の居間や台所、寝室など普段目立つ場所に設置します。


耳の不自由な方、難聴の方に。玄関の無線チャイムを押すと室内の居間などで回転灯を回して玄関の来客を報せます。


業務用として、店舗などでのお客様へのサービスや運営効率の向上、省力化。 病院や診療所、医療施設の受付。


工事現場や作業場などでの作業員や歩行者への注意喚起、交通事故防止、労災防止、店員呼び出し装置。車庫や駐車場からの出庫パトランプにもご利用いただけます。


深夜営業のお店のセキュリティ防犯対策、不審者、強盗など危険を感じたときの周囲への連絡、介護現場での警報装置に御利用いただけます。


緊急ボタン,非常用押しボタン,非常用押しボタン,屋外用警報ベル、車やお客様、係員の誘導と呼び出し。



無線接点スイッチ(無線受信機)の内蔵メモリに新規の呼び鈴を登録する方法

1.お手元の無線スイッチと新たに追加する無線呼び鈴を準備します。
無線スイッチと呼び鈴は5m以上離して置いて下さい。
登録作業に関係の無い呼び鈴、無線接点スイッチ、中継機は作業中は触れないようにしてください。

2.無線接点スイッチ、呼び鈴の電源を切ってください。
 電源ケーブルのプラグをコンセントから抜いてください。

3.裏蓋のネジを外して無線接点スイッチの蓋を開けます。

4.無線接点スイッチの設定スイッチを登録モードにします。
  

5.無線接点スイッチの電源プラグをコンセントに差し込みます。
 中の赤色LEDランプが高速点滅を始めます。

6.高速点滅中に新たに追加する呼び鈴を押して電波を発信させます。

7.無線接点スイッチは電波を受信します。

8.無線接点スイッチの登録モードを終了します。

9.無線接点スイッチの電源を一旦切ります。これでID登録は終了です

10.約10秒後に無線接点スイッチの電源を入れると、追加の呼び鈴が使用可能になります。


上の商品のお問い合わせの際は下の郵便ポストの画像をクリックしてください。お問い合わせ用送信フォームにリンクします。



>>伝神-近距離無線呼び鈴タイマー駆動回転灯システム>> 質問と回答集>> オプション機器>> 商品の価格>>